買取商品について

ホーム  > 買取対象品目  > 色石・貴金属、地金の買取について

色石の買取について

ルビーやサファイア、エメラルドといった、色石の買取や査定方法、その他のご説明です。

色石は、色の質、透明度、産地など、より専門的に査定します。

お悩みの方は、お気軽にお問い合わせください

色石の買取について

色石の買取・査定対象商品

貴石
ルビー・サファイヤ・エメラルド・アレキサンドライト・翡翠(ジェダイト)・オパール
半貴石
アクアマリン・タンザナイト・トパーズ・ジルコン・トルマリン・ガーネット・アイオライト・ペリドット・ アメジスト・シトリン…etc
上記の中及び以外で、希少性により評価・査定できる石
パライバトルマリン・パパラチャサファイヤ・インペリアルトパーズ・キャッツアイ(エメラルド、アレキサンドライト、クリソベリルなど)・スター(サファイヤ・アクアマリンなど)・カラーチェンジ(サファイヤ・ガーネット)など

ページの先頭へ

色石について

ルビー、サファイア、エメラルドなどの「色石」と言われる宝石には、本当に数多くの石が存在します。
またその中でも、貴石や半貴石あるいは5大宝石やレアストーンなど色々な表現の仕方がありますが、どれも明確な基準や決まりなどは無く曖昧な表現となります。

一般的に、「貴石」と呼ばれるものにはダイヤモンドは別として、ルビー・サファイヤ・エメラルド・アレキサンドライトなどがあり、それ以外の石が「半貴石」などと呼ばれたりしますがこれも明確な基準があってのものではありません。
また、モース硬度:7以上のものを「貴石」と分類する場合もあり、国や専門家の見解によって様々なのです。

それでは、どのようにして「色石」を分類・評価・査定していくのかということをご説明させていただきます。

色石のイメージ

色石の判断・査定基準

当社では、「色石」を査定させていただく際に、 大きく分けて3つのポイント を特に重点的に観察し評価をさせていただいております。

色合い、内包物、テリ及び輝き

特にルビー・サファイヤ・エメラルドといった貴石につきましては、例えば色合いの違いに関しては、産地による違いや濃い・薄いの違い、また色の質など、また内包物に関しましては、内包物が存在する位置やテリ・輝きなどに及ぼす影響など細かく観察・判断させていただいた上、しっかりとした査定をさせていただきます。

それ以外にもパライバトルマリンやインペリアルトパーズなど「貴石」以外の石でもいわゆるレアストーン(希少石)と呼ばれるものも色合いや産地・透明感など あらゆるポイントを評価・査定させていただいた上、しっかりとした金額をご提示させていただきます。

上記以外の特別な査定

一般的に市場に出回っている「色石」は、人工的な処理が施された(エンハンスメント※1)石であることがほとんどです。

人工的な処理の中でも非常にポピュラーなものには、加熱処理(多くの色石に施されています)やオイル処理(エメラルドや翡翠などに施されています)があり、これらの処理は「色石」の評価・査定の際には、ほとんど影響がありません。
しかしながら、トリートメント(※2)されている石に関しましては、たとえ色合いやテリ・輝きなどが最高品質のものでも評価はほとんどできません。

また、上記のように人工的な処理(エンハンスメントやトリートメントなど)が施されていない
未処理の石(特にルビー・サファイヤの非加熱、エメラルドのノンオイル処理)は、
市場でも本当に少なくなっており、大変希少性が増しておりますので、
非加熱証明書・産地証明書やノンオイル証明書などと合わせてお持ちいただければ、
高額での査定・評価が可能となります。

※1 エンハンスメント:その宝石が元々持っている潜在的な美しさを人的手段で
引き出してやろうとする改良のことで、 自然界でも条件次第ではそうなっていたかも
知れないという程度の改良であり、しかもその効果が永続するものです。

※2 トリートメント:宝石が元々持っている性質とは関係なく
化学的や物理的な手段で人工的に色等の外観を変化させてしまう

ページの先頭へ

  • 過去の買い取り商品を見る
  • JRCが心がけている3つのこと