買取商品について

ホーム  > 買取対象品目  > 真珠製品の買取について

真珠製品の買取について

真珠製品の買取や査定方法、その他のご説明です。

真珠製品の買取内容について

真珠製品の買取・査定対象商品

アコヤパール
アコヤ貝を母貝として養殖され、日本での流通量が多い代表的な真珠です。
一般的にホワイトピン系、クリーム系などの色合いで、ラウンド(丸)からバロックまで様々な形を楽しんでいただけます。直径が6~8mmのものが一般的で、冠婚葬祭などのお道具的な意味合いを持つ商品が多いのも特徴です。
南洋パール(白蝶真珠)
白蝶貝から採れる真珠でオーストラリア・インドネシア・フィリピンなど比較的水温の高いオセアニア・東南アジア方面で主に養殖されます。
アコヤパールに比べて一般的に巻きが厚く大粒で、ドロップ型やバロック型が多く、ホワイト・シルバー・クリーム・ゴールドなどの色がございます。
直径が8~15mmのものが一般的でネックレス・ペンダントトップ・リングなどに多く利用されています。
タヒチパール(黒蝶真珠)
黒蝶貝から採れる真珠で仏領ポリネシア(タヒチ)・ニュージーランドなど南太平洋の島々で養殖され、形・カラーのバリエーションが多いのが特長です。
中でも「ピーコックカラー」のタヒチパールは、孔雀の羽根のような光沢が黒色の地色から陽炎のように浮かび上がるその神秘的輝きと美しさが特徴で青みがかった緑色が何とも言えません。
直径は8~16mmが一般的でラウンド・ドロップ・オーバル・ボタン・サークル・バロック・ケシなど様々な形を生かしたデザインが魅力的です。
マベパール
マベ貝から採れる真珠で、主に香港、台湾、インドネシア、奄美大島などで養殖されています。
「半形真珠」とも呼ばれ、珠形の物に比べて大きいが、大きさの割に厚みがないのでペンダントトップなどによく使われます。
淡水パール
湖水・河川など淡水で育つイケチョウ貝から採れる真珠で、他の真珠と違って核が無く真珠層のみで出来ているのが特長です。
そのため真珠が真円には育たずライス型やドロップ型といったさまざまな形状になります。
ホワイト・ピンク・オレンジ・ラベンダーなど豊富な色合いが特徴的です。
コンクパール
ピンク貝(巻貝)から採れるパールで、二枚貝のように核を入れて真珠を養殖することが出来ませんので、そのほとんどが天然の真珠となります。
また、1つの宝石質のコンクパールを採るために必要なピンク貝は5万個~10万個とも言われており、非常に希少性が高いパールなのです。
その中でもフレームマーキング(火炎模様)がはっきり出ているものは大変希少価値が高く、濃いピンク、赤、紫の色調のものは価値が高いとされています。

ページの先頭へ

  • 過去の買い取り商品を見る
  • JRCが心がけている3つのこと