ブラックオパール

ブラックオパールのイメージ

ブラックオパールが
出来るまで

ブラックオパールの主な産地は、オーストラリアのライトニングリッジです。

今から約一億数千万年前の白亜紀に、オーストラリアの内陸に大量の珪素が堆積していきました。 それから数千万年前に、隆起や分裂して現在に近い形となったオーストラリアで、気象の大きな変化から堆積していた大量の珪素が 大地に溶け出し、しみ込んでいたのです。それが数百万年の時をかけてゆっくりと固まり形成されたものが、ブラックオパールなのです。 わずか1㎝の大きさになるのに、約500万年もの月日がかかると言われています。

ブラックオパールイメージ

ブラックオパールの特徴

ブラックオパールの特徴は、地色が黒もしくはグレーで、美しい遊色効果(プレイオブカラー)が見られます。オーストラリアで採れるオパールでホワイトオパール(オーストラリアオパール)もございますが、地色が白や半透明のため遊色の光が散乱してしまうのに対し、ブラックオパールは地色が濃いため光が吸収され、一つ一つの色がはっきりと見えるため、視覚的にも美しさが際立ちます。

ブラックオパールイメージ

ブラックオパールの価値

宝石としてのブラックオパールの価値は、大きさと遊色効果の美しさによって決まります。ブラックオパールに現れる色には、紫、青、緑、黄、オレンジ、赤といった色がございます。宝石をよくご存じの方は、「赤が出るものが高い」という言葉を耳にされたことがあるかも知れません。

これは、オパールの構造上、紫、青、緑の色は比較的現れやすく、オレンジや赤の色は現れにくい為、希少性という面で赤が綺麗に出るものは高値で取引がされて来ました。

大きさについては、オパールもキャラットという単位で表されますが、単にキャラット数が大きくても厚みがなければ価値は低くなります。色が綺麗に出て、大きさに加えある程度の厚みがあるブラックオパールが高品質なものといえます。

安心無料査定

宝石の事なら気軽にお問い合わせ、ご来店下さい。

JRC姫路本店外観
店舗名
JRC姫路本店
電話番号
079-285-2252
住所
670-0012
兵庫県 姫路市 本町68-170 大手前第一ビル1F
営業時間・定休日
営業時間:10:0019:00定休日:毎週木曜
JRC明石店外観
店舗名
JRC明石店
電話番号
078-913-0210
住所
〒673-0892
兵庫県明石市本町1-7-7
営業時間・定休日
営業時間:10:0019:00定休日:毎週木曜

出張サービスエリア

無料の出張査定・買取も承ります。お気軽にご相談下さい。

  • 相生市
  • 明石市
  • 赤穂市
  • 朝来市
  • 淡路市
  • 市川町(神崎郡)
  • 稲美町(加古郡)
  • 小野市
  • 加古川市
  • 加西市
  • 加東市
  • 神河町(神崎郡)
  • 上郡町(赤穂郡)
  • 神戸市北区
  • 神戸市須磨区
  • 神戸市垂水区
  • 神戸市西区
  • 佐用町(佐用郡)
  • 宍粟市
  • 洲本市
  • 太子町(揖保郡)
  • 高砂市
  • たつの市
  • 豊岡市
  • 西脇市
  • 播磨町(加古郡)
  • 姫路市
  • 福崎町(神崎郡)
  • 三木市
  • 南あわじ市
  • 養父市